MENU

単身赴任でネット回線はどこが?おすすめ

 

単身赴任で、一人暮らし。

 

インターネット回線はどこがいいのか、いろいろ検討中かもしれません。

 

結論から言うと

 

  1. あなたの滞在年数
  2. あなたのネット利用の目的
  3. あなたのスマホ

 

で契約先が決まります。

 

単身赴任は何年?

 

もし、1年くらい短いのであれば、モバイルルーターなど手軽なものをおすすめします。

 

※固定回線は短い期間での解約だと、工事費の残債がかかるため

 

長期予定で、2年以上なら固定回線もありです。

 

ネットは何に使う?

 

【たまに、ちょっと使うくらい→WIMAX】
ネットサーフィンやメールくらいなど

 

【動画などヘビーで毎日使う→固定回線】

 

ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光などの固定”光回線”

 

スマートフォンはどこ?

 

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:auひかり
  • ソフトバンク:ソフトバンク光

 

がセット割り適用になるため、おすすめです。

 

 

 

セット割りを考慮し、月額やキャンペーンなどをまとめてみました。

 

  月額 セット割 キャンペーン

他社の違約金
負担

ドコモ光

戸建:4,000円
集合:3,800円

ドコモ 5000円 なし
auひかり

戸建:5,200円
集合:3,800円〜

au

戸建:65,000円
集合:35,000円

あり
※一部

ソフトバンク光

戸建:5,200円
集合:3,800円

ソフトバンク
Yモバイル

24,000円
※転用:10,000円

あり
※全額

NURO光 戸建4,743円 ソフトバンク 30,000円 なし
WIMAX 約4000円〜 au 最大33000円 なし

 

※他社の違約金負担とは。

 

例:フレッツ光やケーブルテレビなど→ソフトバンク光に切り替えるときにかかる違約金のことです。
それを負担してくれる場合があります。

 

ソフトバンク光

 

【キャッシュバック】

  • マンション:24,000円
  • 戸建:24,000円
  • 他社→ソフトバンク光の違約金、全額負担

 

全国対応&戸建て・マンション問わないソフトバンク光。

 

現在、工事費用も実質無料&他社への乗り換え満額負担キャンペーン中!

 

他社からの切り替え時、違約金で悩んでいる方は必見!

 

 

auひかり

 

  • マンション:35,000円のキャッシュバック
  • 戸建:65,000円のキャッシュバック
  • 他社→auの違約金負担あり
  • auユーザーは1台最大2000円パケット引き

 

【戸建の月額】5,200円
【集合住宅の月額】3,800円〜

 

光回線の中で、最もキャッシュバックがオトク!です。

 

特に〇は開通後最短2か月で受け取れる&オプション不要のため、かなりオトクです。

 

また、フレッツ光など他社からauひかりへの切り替え時の違約金負担も可能。

 

スマホやガラケーがauなら、セット割りでパケット料金が安くなります。

 

 

インターネット回線の正しい選び方

 

インターネット回線の正しい選び方ですが、どういった目的でパソコンやタブレットを使うか、それを意識しましょう。

 

いわゆるネットサーフィンやEメール、SNSの利用といったカジュアルな目的でインターネット回線を使いたい、と考えている方はスタンダードなプロバイダのプランで大丈夫です。

 

インターネット回線のプランにも、俗にいうところの「松竹梅」があり、ハイスピードのアクセスが出来るハイグレードタイプから安価な低速回線まで、
複数のプランがあります。カジュアルにネットを利用する方々なら、平均的なプランから末端の最も安いプランでも大丈夫です。

 

一方で最近ブームになっている動画配信サイトを視聴したり、動画投稿サイトにコンテンツをアップロードしたり、
オンラインゲームをプレイしたりしたいと思っている方は、ハイグレードタイプのプランにしかなければいけません。

 

ゲームや動画のデータは非常に重たく、更にリアルタイムで情報をやり取りしなければいけません。低速回線ではそもそも満足に動画を視聴したり、
データをアップロードしたり、オンラインゲームをプレイする事が出来ません。

 

ハイグレードタイプは安定力も抜群であり、一秒のレスポンスの悪さが命取りになるオンラインゲームユーザーには必須の環境です。

 

単身赴任のメリットとデメリット

 

単身赴任は、家族と自分との生活が二か所になるため精神的にも経済的にも様々な影響が出てきます。

 

単身赴任のメリットとしては、家族との時間が少なくなるのでその分思い切り仕事に集中することができる、
人との付き合いも気兼ねなく行うことができる、自分の考えた時間に食事をしたり、帰宅したりと時間に縛られることが少ないといったことがあげられます。

 

デメリットとしては、生活が二か所になるため経済的に厳しくなる傾向にある、具合悪い時自分自身で対処しなくてはならない、
家族との時間が少なくなるので、コミュニケーションの取り方に気を遣わなくてはならない、家族の元に帰省する際に交通費がかかる、といったことがあげられます。

 

主に経済的なことにデメリットを感じることが多くなります。子供が小さい場合は、子供との距離を感じることもあります。

 

単身赴任は、長期にわたることも多いため家族とのコミュニケーションの取り方、接し方、経済的なことをどのようにするか、
事前にしっかりと家族と話をしておく必要があります。経済的なことに関しても会社からどの程度の補助が出るのかなどをしっかりと聞いてから単身赴任を行うようにすると、仕事に集中することができます

 

光回線!人気のネット回線を解説

 

ネット回線が気になる人

 

ソフトバンク光の特徴を解説

 

ソフトバンク光に加入した場合、様々な特徴による特典が受けられるのですが、
中でも目を引くのはソフトバンク光と共にスマートフォンやタブレットも合わせて契約することです。

 

月額料金が大幅に低くさせることができ、適用後は2年間で4万8千円分も値引きされることになり、出費を抑えることができます。

 

与えられるデータ通信量の容量が大きくなるほど割引率が大きくなるので、ファイルサイズが大きくなり続けている現在はもちろん、将来を見越した時にもソフトバンク光は魅力があります。

 

また、既に他社の光回線に契約しているものの、手間や工事が負担になって躊躇してしまうといった方は、ソフトバンク光が肩代わりして頂けるので安心です。

 

しかも、他社の契約期間が満了しておらず解約すると解約金が発生してしまうといった事例でも、ソフトバンク光が代わりにになってくれるので、思い立った時にすぐに乗り換えられます。

 

そして、ソフトバンク光は業界でトップクラスの回線速度を誇っている上に、無線LANルーターを用いたWi-Fi通信でも速度が低下することがありません。

 

大容量のデータ通信を行い続けるハイクォリティーのゲームでも快適に動作する上に、同時利用していても速度低下は引き起こされません。

 

 

ドコモ光の特徴を解説

 

ドコモ光は、ドコモがフレッツ光回線やケーブルテレビの設備を使用して提供する光インターネットサービスです。

 

最大の特徴は、プロバイダ料金を含めて低価格で使用できることです。

 

ドコモ光のWiFiは使い放題なので、データ量を気にせず、
高速通信を使えます。オプションとして光をテレビに接続すれば、家ではアニメやスポーツ、海外ドラマなど多種の番組を見ることができ、
WiFiでダウンロードした動画は外でも見ることができます。

 

さらに、タブレットがあれば、第2のテレビとして使用することができます。電話につなげれば、電話機や電話番号はそのままで、
月額使用料と通話料がお得になります。

 

ドコモのスマートフォンとセットで使用するとセット割もあります。また、設定や使用中のトラブルもドコモがサポートしているので安心です。

 

一戸建ての場合は、一ヶ月あたりプロバイダ量を含めて2700円〜5400円です。電話は500円、テレビ(地上波とBS)は600円で追加可能です。

 

また、テレビの場合は、スカパーなどの標準チャンネルは別途追加料金が必要になります。ここから、ドコモとのセット割を使うと、一ヶ月あたり800円~3200円が値引きされ、非常に低価格で使用することができます。